特定調停も任意整理による手続きと同じようにそれらの債権を有する者に対して借金の返済を続けることを選択する債務整理の選択のことをいいます。75-17-40

わかりやすくいうと裁判所が処理する借金の整理ということができます。75-4-40

この方法も先の方法と似ていますが破産手続きと違ってある部分だけの負債だけを処理することができますので他の保証人が関係している借金以外だけを処理する場合や住宅ローンの分以外で検討したい際等においてでも活用することが可能になりますし、築き上げてきた資産を処分してしまう義務はないので、貴金属やマンションなどの自分名義の資産を持っていて処分したくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手順といえます。75-7-40

しかしながら、これからの返済に必要となる額と所得を比較して適切に完済が見通せる場合においては手続きを進めていくほうが良いといえますが破産申告と異なり負債自体がクリアになるという意味ではありませんので借金の総額が大きい状況の場合実際的には手続きを進めることは困難だといえるでしょう。75-5-40

公的機関が間に入りますので司法書士等に頼まなくても不利になってしまうようなことにはならないということとか、手続きにおいての金額を節約できるというメリットはあるのですがお金の貸し手からの督促に対して応対していく必要がある点や実際の裁判所に数回通うことが必要になるなどの要素もあります。75-10-40

また、任意整理による解決との比較点ですが、最終的に和解が成立しないときには借入利息をそのままの形で払っていかなければいけない点や貸方に返す合計額が任意整理による手続きと比較して増える傾向がみられるなどといった点もあります。75-11-40

75-6-4075-16-4075-19-4075-20-40



  • 75-18-40
  • 75-8-40
  • 75-9-40
  • 75-15-40
  • 75-13-40
  • 75-12-40 75-14-40