外国為替証拠金取引に関しての魅力は、単一の投資商品であるはずが、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスのうちどれをセレクトするのかによって、投入の手だてが大きく変わるということにあります。最初は外貨投資の「長期」を考えてみよう。長期の投資というのは、一年以上の出資期間が前提とされているのです。一般的に為替相場で、一年も経った後のレートは円高だろうか、もしくは円安かどうかを予測するということはたいてい苦難に近いです。ほとんどのケースでは、「そんなにも先の動きは予想できない」というのが本当のところなのです。わからないのに考えようにもそんなことは無意味なものなのです。そのため、他の貨幣を買ったと仮定して、その時点での価格よりも円高だとしてもその差損分はしばらく経てば返ってくるはずだという気楽なイメージでやり取りに向き合うことが必要です。為替差益を無理に求めることに限らず、他の収益、それはスワップポイントで利益を上げるというのを一番最初のターゲットと決めて投資してみましょう。当たり前のことですが短期的に為替の差損にマイナスが大きく膨らむことがあります。よってこういうケースのような損でも問題ないようレバレッジをできるだけ少なめにやり取りするのが大事です。外国為替証拠金取引は差損が決まった金額以上広がってしまうと追い証を払わなければならなくなったりストップロスになったりします。ストップロス(ロスカット)をしたらその場でトレードを決済することになり、長期投資はストップします。危険を避けるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりでやり取りするのが良いと思います。第二に中期での売買についてです。中期投資のケースは最大で1?2ヶ月程先々を想定しての売り買いを行います。為替のトレードにおいては、約1ヶ月後のことは、だいたい先読みしやすいかと思います。G7を始めとした国際会議の内容や為替の市場参加者がどんなところに着目しているかを調べれば割りと先読みできるでしょう。このファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながらなおチャートを参照することによってレートの動きをわかるようになり、トレードを判断するといいと思います。基本的に、経済の状態とジャッジの両方で良い状況であり、または買い傾向が同様であれば、おおよそジャッジした通りに変動すると考えて問題ありません。その場合持ち金を増やすことでもっと大きいリターンを得られるのはほぼ確実です。第三に短期のコツ。ここでいう短期トレードというのはすなわちデイトレのことを指しています。為替でデイトレードをするにあたりファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまったく影響がないと明言していいです。なぜかというと明日の為替レートの変化に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は無関係だからです。この場合、ミソは目を引くイベントがあると、それに影響して為替相場が動く一瞬を待ってトレードしましょう。たとえば米国で雇用の情勢が発表されるもしくは金利政策などにより金利が変化するという行事。こうした大事な機会に変動をものにするという意味で、短期のトレードは技術的な要素が必須になる。